るんるんソーイング > 雑貨・小物 > ティッシュカバー

ティッシュカバー

ティッシュの箱にかぶせるカバーをつぶさに観察したことはなかったのですが、きっちりボックス型にしなくてもいいと気づいたので、ためしに作ってみました。
横のレースが長すぎてちょっともたつきますが、皆さまはもっと上手にお作りくださいね。
ティッシュボックスカバー広告

作り方

材料は、布とレース、ゴムひもなどです。

大きさはお持ちのティッシュ箱に合わせます。
一般的な箱の場合、25×13センチくらいの長方形を2枚作ります。
この例は薄手木綿を折って縫い合わせ、表に返して袋状の長方形にしました。
厚い生地なら一重で、まわりに三つ折りステッチをかけてもいいでしょう。
2枚の布

両端3~5センチをつき合わせて縫いつけます。少し重ねて縫い合わせてもOK。
つき合わせて縫うアップの写真


スポンサーリンク


付き合わせた部分の片側の布端にレースを縫いつけます。
両脇にもレースをつけます。
中央のレースにはギャザーを寄せますが、脇のレースは引きつり気味でも大丈夫です。
レース横にレース

底にゴムテープを縫いつけます。要は、ゴムつきの四角い覆いですね。
ゴムをつけるティッシュカバー


スポンサーリンク


私自身はこんなひらひらのティッシュカバーをかける趣味はありません。
白っぽい布だと、レースとティッシュがまぎれて取りにくいし(自分で作っておきながら)。

これは昔作って愛用しているティッシュ入れ。
縁にゴムを通したポケットつきで、わりと手が込んでいるでしょ。
当時のサイズに合わせているので、ちょっと深すぎ。2箱入れています。
ティッシュケース


おそろいの布でクッションやポケットティッシュケースも作りました。
ポケットティッシュケース

ハンカチで作るティッシュカバーも簡単です。

雑貨・生活用品

てんとう虫クッション
いちごのケーキフェルトのきのこ
ねずみピンクッションかぼちゃピンクッション
ブックカバー / ティッシュカバー

るんるんソーイングハンカチのティッシュカバー