るんるんソーイング > ベビー子ども用品 > ベビーマント

ベビーマント

寒い日のお出かけに、猫耳フードがついた赤ちゃん用マント(ケープ)です。
耳を省略すればもっと簡単に作れます。
猫耳ケープ

製図と材料

基本サイズは80cmです。ほかのサイズには適当に拡大縮小してください。
羽織るものだから、製図は大雑把でかまわないと思いますが・・・。
見ごろの丈も好みで長くしたり短くしたりできます。
フードと見ごろの首回りの長さがほぼ同じになるよう、巻尺などで測って調節してください。

耳は三角だけでなく、たれ耳、くま耳、うさ耳など、好きな形にトライしましょう。
耳を省略するなら、フードの前縁布を続け裁ちにできます。


スポンサーリンク


製図

材料は布地150cm幅60cm程度。ベルベットのリボン50~60cm。
これは人形用なのでリボン結びにしました。
赤ちゃんの首に巻きつく事故を憂慮されるかたは、ドットボタン(スナップボタン)や面ファスナー(ベルクロ)を利用しましょう。

このサンプルは短毛シールで作りましたが、フリースやウールなども適しています。
ファーで縁取りをすると、もっと暖かそうに見えますよ。
両端が耳になっている市販のファーテープなら、抜け毛も出にくいと思います。

縁取りをする場合、縁取られる部分の縫い代は不要です。


スポンサーリンク

作り方

各パーツを切り抜きます。
縫い代はフードと首回り1cm、裾2cm、前の折り返しが4~5cm、ほかは1.5cmくらい。
裁断

前後身ごろの肩を縫い合わせます。縫い代はジグザグミシンかロックミシンで始末します。
フードの中央を縫い合わせます。
耳の山を縫い合わせ、表に返します。
フードの縁とフードで耳をはさんで縫い、縁布は内側に折ってまつります。
縫うフードに耳

フードを身ごろにつけるとき、リボンもいっしょに縫います。
前あきを折ってまつります。
裾を折ってまつるかステッチをかけます。
フードをつける


スポンサーリンク


この子は60cmです。ケープ自体は80cmサイズで作りましたが、さほど違和感はありませんよね。
赤ちゃんはいずれ大きくなるものだから、大きめに作っても大丈夫でしょう。
赤ちゃん人形

ベビー・子ども用品

よだれかけベビーミトンベビードレスボンネット
赤ちゃんの靴わんこベビーシューズ / ベビーマント
子どもキャスケット子どもサマードレス

るんるんソーイング子どもキャスケット