るんるんソーイング > 服飾小物 > パンダエプロン

パンダエプロン

パンダをデザインしたエプロン。
頭部分が胸当てです。胸当ては二重になっています。
パンダエプロン

製図

標準的大人用です。
お子様や太めのかたのためには、体型に合わせて加減しましょう。

この図案は一例です。
バランスがいまいちかもしれないので、これを参考に、お好みのパンダにアレンジしてください。
パンダエプロン製図


スポンサーリンク

材料

スポンサーリンク

作り方

布をカットします。
縫い代は2~2.5cm。耳と頭の縫い代は1~1.2cmくらい。アップリケ布には不要です。
エプロンカッティング

頭に耳を縫いつけます。
頭の表布と裏布を縫い合わせます。
このとき、耳に紐の端をはさんで縫います。
耳を縫う頭を縫う

耳の付け根の縫い代に切り込みを入れて、表に返します。
周囲の縫い代を三つ折にしてステッチをかけます。
表に返す

ポケットを縫いつけます(省略可)。
目のブチをジグザグステッチやブランケットステッチなどでアップリケします。
鼻をサテンステッチで刺繍します。鼻もアップリケにしてもかまいません。
口をステッチしてもいいですね。
目の部分にボタンを縫いつけます(省略可)。
まわりを縫う顔のアップ

前足と後ろ足をアップリケします。
短い紐(タブ)でDカンをはさみ、両脇に縫いつけます(まわりをステッチする前につけておいたほうが良かった・・・)。
紐は背中でクロスさせ、Dカンに通して後ろで結びます。
Dカンパンダのエプロン


Dカンをつけるのにタブを介さず、エプロンの端に太い糸でとじつけてもいいでしょう。その場合、Dカンではなく、大きめのプラスティックリングなどのほうが向いています。
Dカンを使わないなら、普通のエプロンみたいに、首の紐とウエストの紐を分けます。

アップリケをほつれる布で裁つ場合、5ミリ程度の縫い代をつけて内側に折るという方法もあります。面倒な分、仕上がりはきれいです。
裁ち切りにしてほつれ止めなどを塗るのが、現実的で楽かもしれません。


スポンサーリンク

パンダグッズ

パンダ小物入れ小さなパンダぬいぐるみパンダストラップ
パンダ~パンダたち

服飾小物

布手袋猫マフラー
ニット地の帽子ハンチング帽
チューリップハット角型チューリップハット
エプロン / パンダエプロン
ルームシューズ室内履きお休みソックス

るんるんソーイングルームシューズ