るんるんソーイング » 衣類 » メンズポロシャツ

ポロシャツ(メンズ)

彼のためにシャツを作りたいと思っても、シャツというものは細部が難しいんですよね。
台襟だの前立てだの、袖口のたんざくだのって。
その点、ポロシャツならずっと簡単です。
紳士用ポロシャツ

材料

リブニットはスエットシャツの袖口などに使われる、伸縮性の大きいファブリックです。
横編みで幅広のものならさまざまな色がありますが、襟には向かないので、幅の狭い縦編みを探してみましょう。
ポロシャツ専用の襟と袖口のセットも昔見かけた記憶がありますが、今回は見つからなかったので、とりあえず縦編みで代用。ちなみに、1mが1,500円くらいです。
どうしても見つからない場合は、綿ジャージー(Tシャツ地)を二重にして使っても。

コンシールファスナーは外側から見えないファスナーです。
つけるときに専用の押さえが必要らしいのですが、この場合は見せて取り付けるので、特殊な器具は不要です。
コンシールではなく、普通のファスナーを使ってもかまいません。

スポンサーリンク

製図と裁断

この例は胸囲108cm、着丈70cmくらい。
数字は概算です。この通り線を引いてもぴったり来ない場合があります。
袖ぐりと袖山の長さが一致するか、襟ぐりが苦しくないか、チェックしてください。

市販のシャツの型紙から身ごろと袖を利用したほうが安心かも・・・。

製図

縫い代は1.5cmくらい。裾やポケット口は3cm。
リブニットは襟が約8×40、袖口が16×20が2枚(ともに縫い代込み)。
カッティングスポンサーリンク

縫い方手順

ポケット口を三つ折りにしてステッチをかけます。
まわりを折ってアイロンで形づけます。
角の丸みはしつけ糸で細かく縫い、ポケット型の厚紙を当てて糸を引き絞ります。
ポケット

ポケットを縫いつけます。3ミリ間隔で2本のステッチ。
前あきの部分にY字の切り込みを入れ、5ミリほど裏側に折ってアイロンで押さえます。
Y字の部分はほつれ止めとして、不織布の接着芯を貼ると丈夫になります。
ファスナーの上に切り込み部分を当ててしつけをかけ、ミシンで二重にステッチをかけます。
前あきに切り込みファスナーを縫いつける

前後の肩を縫い合わせ、縫い代はジグザグかロックミシンで始末します。
肩の縫い代を後ろ側に倒し、表からステッチで押さえます。

襟布の両端は切りっぱなしでもほつれにくいのですが、1畝分(3ミリほど)裏側に折って細かい針目でかがると、仕上がりがきれいです。
襟を縫いつけます。
縫い代は5ミリ幅にカットし、ジグザグかロックミシンをかけ、身ごろ側になじませてステッチで押さえます。
手間をいとわない人は、バイアステープで覆って縫いつけるとスッキリ。
襟を縫いつける

袖山を身ごろの袖ぐりに縫いつけます。
縫い代は身ごろ側に倒してステッチをかけます。
袖を縫いつける

袖下から身ごろ脇のスリットまでを続けて縫います。
裾と脇の縫い代は内側に折ってステッチをかけます。
脇のスリットスポンサーリンク

袖口のニットを輪に縫い合わせ、二つに折ります。
折った端の2枚を伸ばしながら袖に縫いつけます。縫ったあとは袖布のほうにギャザーが入ります。
縫い代にジグザグミシンをかけます。
袖口カフスを縫いつける

以上で完成。
初心者にもすいすい・・・というわけにはいかないけれど、かけた労力以上に見映えよく出来上がるはずです。
ソーイングに慣れてきたら、チャレンジしてみませんか?
チェックのポロシャツ

おまけ

こんなの、おそろいで作っていいんだろうか。いいのよ。
チェックのぱんつローライズショーツ作り方

るんるんソーイング
衣類

ベビー・子ども用品 よだれかけ
服飾小物 室内履き
バッグ・袋物 巾着
雑貨・生活用品 ブックカバー
女性下着 ハンティ・パンキー
男性下着 柳腰亭

プライバシーポリシー


るんるんソーイング » 夏のワンピース